いつもの白いさくら

日記がわり

相鉄・東急直通線の概要発表

相鉄と東急のそれぞれから、相鉄・東急直通線の運行計画概要が発表された。

詳細なダイヤはまだ出てきていないが、ラッシュ時と日中の運転本数や、それぞれの線区内の運行計画が見えてきた。

www.tokyu.co.jp

www.sotetsu.co.jp

 

詳細は発表を見たほうがいいと思うので、ここでは自分が思っていたのとちょっと異なっていた部分を書いていこうと思う。

 

まず、直通を行うに当たって、東急側は目黒線東横線に直通すると言われていたので、そこは確かにそのままだったが、相鉄側はいずみ野線にも直通するということだった。

しかも、いずみ野線直通列車で使用される車両は20000系10両編成で、いずみ野線から東急に直通する列車は朝ラッシュの一部を除き、東横線に直通するとのこと。

そして、相鉄本線から東急に直通する列車は21000系8両編成で、東急目黒線へ直通するとのことだ。

これを見る限り、相鉄本線から東横線への直通はないのかもしれない。

朝ラッシュ時の直通本数は、相鉄本線から4本、いずみ野線から7本ということで、もしかして湘南台からの小田急線の競合を狙っているのかもしれない。

もちろん、相鉄本線の海老名や大和でも小田急線と接続しているが、いずみ野線のほうがよりベッドタウンとして機能すると言うことなのかも。

 

次は東横線直通について。

東急新横浜線は、目黒線の延長だと思っていたので、東横線への直通は限定的だと思っていた。

しかし、朝ラッシュ時はもとより、日中でも東横線へ2本直通するということなので、30分に1本とはいえ、日常的に東横線への直通列車が走ることになる。

これはかなり便利になるかもしれない。

JR直通線も残るだろうから、1時間に4本は渋谷、新宿方面への直通が走ることになる。

続行で出すと東横線直通に乗りたくなるだろうから、おそらく約15分のインターバルでそれぞれの直通線が交互に来そうだ。

 

で、次。

これもまた、東急新横浜線目黒線の延長だと思っていたので、現在の目黒線のほとんどが新横浜へ直通するものだと思っていたが、かなり限定的な感じだった。

日中の新横浜線の本数は6本で、そのうち2本が東横線直通、4本が目黒線直通で、目黒線直通のうちの2本が新横浜始発となるとのこと。

現在の日吉始発の目黒線は日中で12本あるため、そのうちの4本しか新横浜に直通せず、残り8本は日吉止まりらしい。

なんでこんなに少ないのかわからないが、相鉄との直通の関係と、新横浜の駅ホームが関係しそうだ。

新横浜のホームを見ると、2面3線の中間駅構造で、待避線などは見当たらない。

なので、新横浜で折り返すのはホームにとどまらなければならず、それもほとんどは中線の2番、3番ホームに面する1線でやりくりしなければならない。

そして、新横浜駅は相鉄と東急の共同運用駅となるということから、東急の好き勝手には使えない状況なのだろう。

となると、今までの目黒線の本数を維持しようとすると、待避線のある日吉での折り返しも使用しなければならず、新横浜への直通は限定的にならざるを得ないのだと思う。

たぶんこの本数の少なさは、相鉄側での利用客の推移が大きく変わらない限り、本数は変わっていかないと思う。

相鉄側で、横浜に行く人よりも、新横浜線の利用者が莫大に増えていった場合、東急との直通運転を増やしてくだろうから、そうなればもっと目黒線との直通を増やすことが出来、日吉止まりの本数も少なくなっていくだろうね。

 

今回発表された中で気になったのはそんなとこかな。

あ、あと横浜~西谷の折り返し列車が設定されるというのも一応トピックか。

朝ラッシュ時は相鉄新横浜線への本数は11本と発表されている。

もし8時台のJR直通線5本も残すとなると、11本+5本の16本が横浜には行かない列車になってしまい、横浜方面に行く列車は1~2本になってしまう。

 → 追記:西谷の停車本数で見ていたのでこれはちょっと間違い。

   西谷に停車しない急行などもあって、8時台は26本もあった。

   なので、10本程度は横浜に行くことになるが、それでも大幅減便に見える。

さすがに今、横浜に行く列車が17本もあるのに、たった数本になってしまっては、横浜利用者が不便になってしまう。

当然本線の本数ももっと増やすだろうが、それでも現状の17本は維持できないだろうから、せめて西谷で乗り換えしやすいよう、おそらく対面乗り換えで西谷始発に接続するんだろうね。

まあ相鉄としては、東京方面への直通客が増えて、沿線人口が増えることを狙って直通線をがんばって実現してきたのだろうから、横浜止まりが多少不便になったとしても、全体的に利用者が増えてくれればありがたいだろうね。

 

詳細なダイヤは来年早々にでも出てくるだろうから、それを楽しみに待っていよう。

まあ北海道に住んでいる限り、乗ることはほとんど無いだろうけど。

ZenFone9が気になる

次期スマホAQUOS sense7にしようと決めていたのだが、性能的にちょっと微妙な点も出てきて、価格もSIMフリー版が5万円を超える価格だったので、ちょっと揺らいでいる。

そんな中、ASUSのZenFone9というスマホの情報が目について、いろいろ調べてみた。

 

ZenFone9は、使用されているSoCがSnapDragon8+gen1という、最上位のプロセッサが搭載されているにもかかわらず、スマホの本体サイズがその他のAndroidスマホに比べて小型化されているという、かなり魅力的な機種だった。

そして価格も、RAM8GB、ROM128GBで99,800円という、同じSoC群を載せているスマホに比べて格安だ。

そりゃ確かに話題になるはずだ。

 

スマホのサイズは、画面が大きい方が良いという人も居るだろうけど、やはり持ち歩くことを考えると、片手ですんなり持てて、片手で操作しやすく、重さも軽い方が良い。

そのちょうど良いところを突いているのがZenFone9というわけだ。

この小型高性能路線は、旧機種のZenFone8かららしいが、そのZenFone8からさらにブラッシュアップされていて、現時点ではほぼ死角なし、というものらしい。

これは確かに魅力だ。

 

もしAQUOS R7が同じSoCで価格も10万を切っていたら、速攻買いだったと思う。

ではなぜZenFone9が速攻買いではないのかというと、やはりAQUOSを続けて使ってきた僕としては、他メーカーのスマホに手を出しにくい、というのがある。

OSは同じAndroidなので、そんなに大きく変わらないだろうと思うのだが、各メーカーでカスタマイズの差があるはずなので、それが何か使い勝手に影響しないかというのが気になる。

もう一つは、SDカードに未対応な所だ。

撮った写真やデータは、別にSDカードを経由しなくてもいくらでもPCなどに転送する手段はある。

ただ、SDカードは何か不具合があった場合に替えが効くが、内蔵だとか替えが効かない。

なので、これまでもなるべくデータ保存はSDカードにしてバックアップを定期的に行い、ちょっとでも怪しかったらSDカードは交換する。

そして、SDカードへのアクセスを増やすことで、内蔵メモリへのアクセスを減らして寿命を延ばしたい、というのもある。

まあなんだかんだで2年ごとにスマホを買い換えているので、あまり気にしなくてもいい所なのかもしれないが・・・

あとは長年エモパーを使っているので、エモパーが使えなくなるというのはさみしい気もするのだ。

 

まあいろんな理由を付けてはいるが、結局の所、価格の面が大きい。

AQUOS sense7は約5万で購入できるが、ZenFone9は最安モデルでも99,800円。

その差は2倍ある。

当然、性能はZenFone9が圧倒的に上なので、それだけの差が出るのは当たり前ではある。

だったら当然、2年以上というか、4年5年と使っていきたいところではある。

はたしてそれだけ長く使えるのかどうか、というのが気になるところ。

当然バッテリーはヘタるだろうし、上記で書いた内蔵メモリの読み書き回数も増えるので、そこも劣化しないかとか、気になるところはたくさんあるのだ。

それだったら、AQUOS sense7を買って、さらに2年後にAQUOSの新機種に買い換えていった方が安心なのではないか。

とても悩ましい。

 

AQUOS sense7が問題なのはカメラ性能が上がってきれいに撮れるようになったといっても静止画のみで、動画についてはスペックダウンになっているところが悩ましいのだ。

この動画性能は、ZenFone9では当たり前のようにフルHD60fpsでも手ぶれ補正は効くし、4Kの60fpsでも手ぶれ補正が効くらしい。

それが、AQUOS sense7ではフルHDの60fpsですら手ぶれ補正が効かないとは。

どうやら、前機種のAQUOS sense6が、sense6sになったときにSnapDragon695が搭載され、フルHD60fpsで手ぶれ補正が効かなくなったらしい。

とあるネット情報では、SnapDragon695が処理できないということらしく、SoCが変わらない限り、アップデートでの修正は絶望らしい。

 

いや本当に悩ましい。

いっそのこと、使用中のAQUOS sense4を使い続け、sense8を待った方が良いのか。

それともZenFone9に浮気してみるか、AQUOS R7をとにかく安く購入できそうな所を探ってみるか。(それでも10万を切るようなことはないだろうから無理だろうな)

ちょっともう少し考えようと思う。

AQUOS sense7の価格

AQUOS sense7がdocomoauから発売となり、価格が発表された。

docomoは54,230円。

auは、なんと59,500円。

なんか高くないか。

 

docomoはそもそも、AQUOS sense6が、57,024円という価格をつけていたので、むしろsense7の方が安い感じだった。

しかしauは、sense6を40,470円で売っていたのに、sense7は約2万円もアップする、ぶっちゃけ1.5倍の価格だ。

これまでに、senseシリーズはAQUOSの廉価機種という扱いだったのに、Wishシリーズという新たな廉価機種が出てきたことで、senseシリーズは高くなるんじゃないかと予想されてきた。

でも、docomoの価格が先に出て、sense6と変わらないなと思っていたのだが、auはなぜこんな価格なんだろう。

まあauは今回、キャリアから購入する場合は割引サポート的ななにかで購入すること前提の価格にしたのかもしれないが、それにしても高すぎる。

なのでこれはSIMフリー町だな。

 

sense7は自分が使うには理想に近い端末だと思っていたが、どうも動画性能はスペックダウンのようだ。

いくつかのレビューを見てみると、どうやらフルHD、60fpsで手ぶれ補正が効かないらしい。

そして4K動画撮影も出来ないらしい。

せっかくカメラ部分を強化したはずなのに、静止画中心で動画性能には目を瞑ったということなのかな。

フルHD、30fpsでは手ぶれ補正が効くらしいので、動画撮影自体が全くダメというわけではないんだけど、動画はやっぱり60fpsが自然でなめらかに見えるので、どうせ撮るなら60fpsのほうがいい。

この点だけ、本当に残念。

 

とりあえずSIMフリーの価格待ち。

AQUOS R7の価格が大暴落でもしてくれればそっちに走るのだが、20万のスマホってのはちょっと考えられないので、sense7を待つしかないのだ。

 

ワクチン4回目オミクロン対応

昨日、コロナワクチンの4回目接種してきた。

今回はオミクロン対応というやつで、自宅近くの医療機関ではモデルナしか選択できなかったので仕方なく。

3回目まではファイザーだったので、出来れば統一しておきたかったところだが。

よっぽどモデルナ余ってるのかね。

 

接種の仕方は何ら変わりなく、今回モデルナに変わりますけど何か質問ありますか?と問われても、なにもあるはずもなく。

でもやっぱり副反応は出た。

今日の朝は全く何事もなかったが、午前中から徐々に熱っぽくなり、午後になってピークに。

午前中に解熱剤を飲んだが、それでも39度まで熱が出た。

まあこうなることはわかっているので別にいいんだけど。

 

まあただこれだけワクチン接種をこの1年以上やっているにもかかわらず、未だに感染者が増え続けるってのは、重症化しないというメリットはあるのかもしれないが、これからはあまり意味がないかもと思える。

なので、多分今回が最後のワクチン接種かなと思っている。

 

ほくでんの燃調費

ほくでんの12月の燃料費調整額が発表された。

自由料金プランの1KWhあたりの燃料費調整額は、9.75円だった。

これはなかなか厳しい価格だ。

従量電灯Bプランの1KWhあたりの燃料費調整額は3.66円なので、その差額は約6円。

北海道の冬は基本的に電気代がかかる時期で、うちは平均500~600KWhになる。

単純に500KWhとすると、燃料費調整額だけで500×9.75円=4875円となる。

従量電灯Bプランだった場合は、500×3.66円=1830円なので、その差額は3045円。

これは確かにかなり痛い。

 

ただ、以前書いたときには、11月から従量電灯Bにプラン変更することを考えていると言ったが、ちょっとまた別に考えなければならないことが起きた。

従量電灯プランでも値上げの可能性が高まったからだ。

今日時点で、北陸電力東北電力は、従量電灯プラン(つまり認可の必要な規制料金)の値上げを検討しているとのこと。

早ければ来年の4月から値上げしたいらしい。

その値上げ幅が、3割程度を見込んでいると。

どの料金部分が値上がるのかわからないが、仮に500KWh使っている家の電気料金が2万円だったとすると、2.6万円になるということだ。

これと同じことが、もし北海道電力でも起こるとなると、従量電灯プランはかなり割高になってしまうのではないか。

もし、燃料費調整額の上限を設けないという申請で許可された場合、自由料金プランと土俵が同じになってしまい、確実に従量電灯プランは高くなる。

 

これは本当にどうなるかわからない状況だ。

うちは、とりあえずエネとくシーズンプラスという、10月までは割安な料金で電気を使えていたので、このままプランを変えずに様子見しようと思う。

11月~2月はかなり割高な電気料金を払わなければならないが、この自由料金プランの電気料金が来年以降も変わらなければ、3月からはまた割安な料金になるので、耐えるときなのかなと思っている。

まさか11月~2月の間だけ従量電灯Bプランに変更し、3月からまたエネとくシーズンプラスに変更するなんて都合のいいプラン変更が出来るのか怪しいもんだ。

 

なるべく節電を心がけて行こうと思う。

あとは、政府の電気料金支援に期待するしかない。

1KWhあたり7円程度の値引きになるのであれば、500×7円=3500円の値引きになるので、まあだいだい1割程度安くなるというところか。

ただこれも、電力会社への助成金扱いなので、どれだけ契約者側に割引として乗せてくるかは電力会社次第ということで。

燃料費調整額が上がり続ければ、結局は赤字の穴埋めに使われるだけで、契約者側に回ってこない可能性もある。

ガソリンもそうだけど、国民が実感できない支援対策ってなにが支援なんだろう。

今年のイクラ作り

北海道での生活の醍醐味の一つである、家庭でのイクラ醤油漬け作り。

最近は首都圏でも生筋子を売っているところがあるが、北海道であれば秋口には必ずと言っていいほど近所のスーパーに並ぶ。

そんな生筋子であるが、今年はむちゃくちゃに高い。

筋子 2022年価格

ちょっとお店の部分は消しておくが・・・

見てもらったとおり、100gあたり888円。

これがどれだけ高いかというと、去年は高くても698円だった。

そして数年前であれば、安いときは298円ということもあった。

安いときに比べれば、約3倍の価格だ。

 

そして、この生筋子も、これまでは鮭が取れ出す9月あたりは高く、だんだん漁獲量が増えてくる10月にかけて、少しずつ安くなって買い時になる。

なのに、今年は全く変わらず。

9月の初物で888円だったので、まあこういう時期だし最初はこんなもんかと思っていたが、まったく安くなる気配がなく、もう鮭の時期も終わってしまうので、今年は常に888円だった。

さすがに今年は止めようかなと思ったのだが、岩見沢プレミアム商品券もあることだしと、最初で最後の1回ということで買ってきた。

 

今回買ってきたのは、正味量として154gなので、まあぶっちゃけ小さいイクラ丼1杯分という程度かな。

それでも、やっぱりこれを家で作って食べるというのが北海道の醍醐味であると思っているので、今年はこれで良しということにする。

来年にはもう少し安くなって欲しいものだが。

 

 

 

 

札幌駅11番線

昨日から、札幌駅が1番線を廃止し、11番線が新たに運用開始された。

ちょうど会社に用事があったので、札幌駅をこの目で見てきた。

 

まず札幌駅の1番線ホーム。

札幌駅1-2番線ホーム

西側の階段を上がって桑園方面を見たところ。

1番線の電光掲示板は真っ暗になって、1番線側は柵がつけられていた。

これからこのホームは新幹線を複線で通すためにホーム幅が半分くらい削られ、6両対応分だけ残るのだろう。

なんか結構ギリギリのような気もするが・・・

 

札幌駅1番線柵

柵はまだ簡易的なもので、これからホームの真ん中あたりに上まできっちり囲われるんだろうなと思う。

 

そして、新しく作られた11番線に行く通路。

11番線への通路

こちらは元々の北口通路と隔てられていた壁をぶち抜いて、とりあえず11番線へのエレベーター、エスカレーターや階段に通しただけという感じ。

これからもっときれいに整備していくんだろうが、ひとまず1番線の新幹線工事を着手したいがために、急いで作った感じ。

スペースは結構あるので、もしかしたら店とかも出来るかもしれない。

 

札幌駅11番線 苗穂方面

こちらはとにかくすべてが新しくきれい。

確かにホームは6両分しかないが、思ったよりもホーム幅があるので、結構広く感じた。

札幌駅11番線 桑園方面

北側の壁はまだ仮組みになっていて、これから以前のように大きな窓が出来て、北側の見通しは良くなるんだろうな。

3両編成の場合は、相変わらず3~5両目に止めるみたい。

基本的に、学園都市線向けに使われるらしく、学園都市線利用者はちょっと駅構内の移動が増えてしまうな。

 

11番線が出来たことで、番線を1から10まで振り直すのかと思ったが、1番線は廃止、11番線としてオープンしたので、もしかしたらそのままなのかも。

新幹線ホームはこれで21番線、22番線となることがほぼ確定ってところかな。